テレフォンレディの特徴とチャットレディとの違い

 

テレフォンレディという仕事はチャットレディと似ているイメージがあると思いますけど、大きな違いが2つあります。

1つはテレフォンレディは電話のみなので、自分の姿が相手には分からないで仕事ができるということです。

 

もう1つはそういった働き方になるため、チャットレディと比較すると『 収入は低くなりがち 』ということです。

テレフォンレディの仕事に興味を持っている女性は、チャットレディとの違いをまず認識しておきましょう。

 

テレフォンレディの仕事の特徴としては、割と『 柔軟な働き方ができる 』という点で、これはテレフォンレディのメリットにもなると思います。

勤務時間帯などは本人の希望で選びやすく、かつ何時間働かないといけないといったノルマがない場合がほとんどです。

 

だから、副業として選ばれることも多いですし、在宅勤務もしやすいので自分の都合を最優先しながら働けるという特徴があります。

 

そして、テレフォンレディの時給に関してはケースバイケースということにはなるものの、一般的なアルバイトよりは間違いなく高いと言えるような金額です。

低いケースでも2000円前後はあると思われますし、上をみたらもっと高いケースはザラにありますから、テレフォンレディは効率よく稼げる仕事と言えるのです。

 

注意点があるとすれば、テレフォンレディをやっているといずれ自分と会いたいと言ってくるお客さんが出てくるでしょうけど、そういったときには簡単に承諾をしない方が良いと思われます。

 

絶対に危ないと断言できるわけではないですけど、そもそもテレフォンレディを利用する男性の目的を考えると、危険性が全くないわけではないので、そういったところは仕事を始める前に知っておいてほしいと思います。

 

テレフォンレディのメリット・デメリットについて

 

女性が在宅でも気軽に稼げるとして人気の仕事に「テレフォンレディ」があります。

これから始めてみたいと思う女性に、以下のメリット・デメリットを紹介します。

 

・メリット1:短時間で高収入

 

多くの女性が「テレフォンレディ」をしている理由として「短時間で高収入」という点があります。

女性がパートに出ると時給は高くても大体1000円前後、これに対してテレフォンレディならば時給3000円以上は稼げます。

 

例え1日1時間でも、1ヵ月で6万円近くになりますので、パートに出るよりは断然高収入です。

 

・メリット2: 在宅・通勤のどちらでもOK

 

「テレフォンレディ」というと自宅で仕事をするものと思う人もいますが、家族がいるとやりにくいものです。

最近では在宅の他に事務所があり、専用ブースで仕事ができる業者もあるのです。

 

・メリット3:気軽に始められる

 

「テレフォンレディ」は、スマホがあれば手軽に始められます。

他の副業の様いに登録費もかからず、交通費や洋服代も必要ありません。

 

そして合わないと思ったら手続きは必要なく、すぐにでも辞めのられるのです。

 

・デメリット1:お客さんと話さないと報酬にならない

 

「テレフォンレディ」はサイトにアクセスしているだけでは報酬になりません。

当然ですが、お客さんとトークをしている時間分しかお給料にならないのです。

同じ1時間でも待機時間が長いと収入が低くなってしまいます。

 

・デメリット2:悪質な業者がいる

 

業者の中には色々と理由をつけて報酬を支払ってくれなかったり、情報を流して勧誘サイトからしつこく連絡が来る場合があるので要注意です。

 

「テレフォンレディ」は気軽に始められて、嫌だと思ったらすぐに辞められるのがメリットです。

迷っている様ならば大手のサイトに登録してまずは初めてみては如何でしょうか。

 

文明の発展と共に進化したテレフォンレディの仕事

 

テレフォンレディの仕事は、1990年代ごろに活発に展開していた、いわゆる『 テレクラ 』における仕事と大筋の部分では同じです。

 

お客さんと直に顔を合わさず、触れ合わず、電話を使って声のみで交流し、テレフォンレディはお客さんに癒しの時間を提供します。

現在のテレフォンレディは、サービスを提供している業者のサイトに登録することで、専用のフリーダイヤルやネット回線を使って自宅にいるままに仕事ができます。

 

かつてのテレクラにあったような待機場所は用意されておらず、電話の後にデートをするという流れにも絶対になりません。

電話の使用には通常通話料金というものが発生しますが、テレフォンレディの仕事においては専用の回線を使って仕事をするため、どんなに長い時間電話をしても金銭的負担はかかりません。

 

仕事でもらえる報酬は、通話の時間に比例するので、できるだけ長く会話することが、多くの収入を得るためのポイントとなります。

仕事のできる時間はサービスのサイトにログインし、待機中としておけば、電話で交流したいという男性が現れた時に直ぐに対応することができます。

 

コールがあった時に相手を待たせず、即座に電話に出られる状態でありさえすれば、自宅で掃除や料理といった家事に勤しんでいても問題はありません。

 

どこに行くときも、スマホを持ち歩いていれば安心です。

電話の前でひたすら連絡を待つしかなかったかつてのスタイルとはうってかわり、リアルタイムで情報を発信できるネットの存在によって、テレフォンレディの仕事の快適性はかなり高まりました。