退職代行サービスは、退職する本人に代わって退職の手続きを行ってくれるサービスとなります。

退職する本人がスムーズに退職したい場合や苦手な上司と話し合いをしたくない場合など様々なニーズから退職サービスが生まれました。

 

退職代行サービスを利用するには、退職代行サービスを展開している会社に連絡をとり面談することから始まります。

1回、2回ほどの面談を行ってから料金を支払うことが一般的です。

 

料金に関しては利用する退職代行サービスによって変わってきますが、2万円から3万円ほどが相場となっています。

アルバイトを辞める際の退職代行サービスは正社員よりも安くなりますが、その差は1万円ほどしか変わりありません。

 

また退職代行サービスを利用する多くの人が正社員となっているデータもあります。

これらの料金を支払った後、退職代行サービスの社員の方が、本人に代わって退職届けの作成や書類などの提出をしてくれます。

 

最近は売り手市場となっていることから、退職代行サービスを利用する人が多くなっています。

 

3万円ほど料金はかかってしまいますが、できる限り今いる会社からスムーズに転職したいと思っている人が多いです。

自力退職では、上司からのパワハラや引き留めらるケースが多く、スムーズに退職することが難しくなっています。

 

とにかく次のステージに進みたいと思っている人は、退職代行サービスを利用する価値が大いにあるので利用することをお勧めします。