求人誌などを見てみると期間工や期間従業員と呼ばれる求人募集が少なからず見つかることでしょう。

 

募集要項では「月収~万以上」「大企業なので安心」「従業員寮完備」などと言うような魅力的な条件が羅列されていることも少なくありません。

短期間でお金をためたいというような人にとっては魅力的にうつることでしょう。

 

期間工のメリットとしては主として大手のメーカーと直接雇用契約できることにあります。

派遣社員はメーカーと雇用契約はなく、派遣会社との雇用契約になっています。

 

派遣社員であれば、実際にメーカーから支払われている給料は派遣会社に抜かれていることから、同じ仕事をしているという場合には期間工のほうが収入は高額になります。

それに、期間工で働いている場合には住居費や食費なども少なくて済むことが多いので、短期間でしっかりと稼ぎたいという人にとっては魅力的です。

 

期間工のデメリットとしては、期間工は大手のメーカーと直接雇用契約がありますが、それはあくまで期間限定の雇用契約になっていることです。

雇用契約の延長や正社員への登用という場合もないではありませんが、はじめは正社員ではありません。

 

それに、期間工はメーカーの工場勤務であることが多いので、24時間可動の工場などでの勤務では勤務時間が昼夜で変則的になっていることもあります。

住居費は無料かかなり安い場合が多いですが、住居のレベルは雇われる会社によってかなり違いがあるので、心配ならばあらかじめ調べておくことが必要です。