チャットレディに関わらず、初めて経験することは不安はつきものです。

どのライブチャットサイトに登録するかによっても違うでしょうし、アダルトかノンアダルトでも仕事の進め方も違ってきます。

 

やはり、初めての場合はノンアダルトから始める人が多いようです。
しかし、ノンアダルトとなると会話スキルが重要になって来るので、そういった点が面倒だと考える人や、スキルに自信がない人はいきなりアダルトから入る人もいます。

 

ちなみに、私はノンアダルトをメインにしており、アダルトは登録だけという状態です。

ノンアダルトで仲良くなった男性が、アダルトの登録を進めてきたからです。

 

結局は、登録するだけしてその男性とは今も普通に会話をする仲ですが、いつでもアダルトでのお仕事ができるように登録はそのままにしてあります。

アダルト、ノンアダルトの登録の際には登録者数の数を必ずチェックします。
そうなると、大手のサイトが必然的に上がってきます。

 

お仕事を効率的にしていくには、登録者数の数はとても重要です。
当然のことながら、競争率も高くなりますが、そこで自分磨きへのモチベーションアップにつながるのです。

 

現在、常連のお客さんが数名いますが、私の場合は年齢が高めの人が多いのが特徴です。

アダルト行為目的での人は自然と消えて行きました。

 

お客さん曰く、私は聞き上手で話してて安心できるそうです。
それを聞いて、お化粧や洋服もケバケバしたものではなく、癒し系の化粧を意識してするようにしました。

 

登録者数が多いと、その分色々なニーズが発生してきます。
派手な女性が好きな人もいれば、お話を聞いてくれるだけでいい、普通に趣味の話をしたい人もいれば、ちょっとエッチな会話を楽しみたい、などなど。

 

自分がどういった人に受けるかというのを客観的に見て、自分のイメージを創り上げるとお客さんも付きやすいかもしれません。

それが本当の自分とかけ離れたものでも、チャットレディの仕事をしている間は女優気分でなりきるというのも面白いと思います。