チャットレディは自宅に居ながら外で働く時給と変わらないか、それ以上の金額になる場合もありますので、一度は興味を持った女性も多いと思います。

しかし、どんな職業でも多少の向き不向きがあるように、チャットレディにもそれはあります。

 

水商売の経験があるからといって上手くいくとは限りませんし、話下手だからといって上手くいかないとも限りません。

ただ意味もなく明るいだけで、相手の話を聞かずに一方的に話して笑うだけというような、ノリを重視し過ぎて気がついたら相手も自分も疲れただけという悲惨な結果になる場合もあります。

 

また、相手の話をよく聞いて聞き上手に徹することで、相手から好感を持たれる場合もあります。

ちなみに、私はあまり早口じゃなくて地味目の服装の子のほうが安心感があります。

 

まずは会話の基本である「言葉のキャッチボールが出来る」ということが大切かと思います。

 

そこから積極的か消極的かなどの相手の特徴を、なんとなくでもよいので掴めるとその後の会話が楽になるでしょう。

会話が苦手な人がチャットに来る場合もありますので、そういう人には例えば天気の話でも、「今日は雨ですね、私の家は駅からちょっと距離があるんで、出掛ける時に雨の日は憂鬱です。○○さんのとこは駅から近いですか?」などと、天気をきっかけに話を広げていくという方法もあります。

 

人間は複雑なようですが、割りと分類しやすいですので、早い会話の内に見極めると苦い思いが少なくなると思います。

ただ単に数をこなすのではなく、どういう分類の人達がいるのかを分かるようになるという目標を立てるだけで、その後のチャットレディという仕事がスムーズにいくかいかないかの大きな違いが出るのかもしれません。