ITの進化は日進月歩ですね。
最近ではインターネットを通し、リアルタイムのライブチャットまでできるようになりました。
アルバイトとしてやっている、チャットレディーさんもたくさんいます。
でも、誰もが人気者のチャットレディーになれる訳ではなく、いつも「待機」になっている女性も見かけます。

 

そういう人は、容姿とは別に、ライブチャットのポイントを外している気がしてなりません。
ここでは男性が会話してみたいと思う、ライブチャットレディーについて書いてみます。

 

男なんてエロっぽくすれば直ぐ食いつくでしょ
そう考えているのか、露出の激しい衣装で登場するチャットレディーさんもいます。
中には、ランジェリー姿で待機している女性もいます。
確かに、そうした方法が有効な場合もあるでしょう。

 

しかし、冷静に考えてみてください。
ライブチャットに来る男性は、どちらかといえば「草食系」が多いはずです。
肉食系男子」は、ライブチャットなどやらずに、ナンパや合コンをしています。

 

草食系は、あまり刺激が強いと、かえって引いてしまいます。
そうは言っても、ライブチャットは異空間でもあります。
普通のファッションをしていたら、興味を惹かれません。

 

ちょっとした色っぽさ」が男心を誘うのです。
肩が露出されていたり、胸元がちょっとだけ見えていたり、綺麗な鎖骨が強調されていると、「この女の子と話してみたい!」と興味を覚えます。

 

上記と同じようなポイントとして、話し方や雰囲気も大切です。
繰り返しますが、男性は「日常にはないウキウキ感」を楽しみたくて、ライブチャットに来るのです。

 

街で耳にする、ギャーギャー煩いギャルっぽい感じの話し方だったら、一気に引いてしまいます。
基本的には少し物静かに話しましょう。

 

表情も、にこやかなのは良いですが、大袈裟すぎると減点になります。
馴れすぎているチャットレディーも、引かれてしまう場合があります。

 

少し恥ずかしそうな雰囲気を出すのも重要です。